お笑い政治寄席

<   2005年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

麻生大臣

野中広務に「なんで、体を張って官僚の首を守らなかったんだ。」といわれた。この件に関しては野中を支持する。麻生財閥をロックフェラーがTOBを仕掛けて支配下に置くぞ、麻生セメントで固めるぞ、なんて脅かされたわけではないんでしょうが、やはり、お坊ちゃま君の弱みがでたな。郵政民営化をやり遂げなければ首相の目はない、とアメリカからいわれたんでしょうな。首を取られた官僚の2人は復権させてあげるからね。それまで民営化反対工作に精を出してください。
a0016650_4541338.jpg

-------------------------------------------------------------------------------
最近、閣僚の資産公開があったが、麻生グループの資産は2000億位あります。
[PR]
by xsightx | 2005-05-26 04:54

冬柴幹事長

誰かに似ている、とずうっと思っていたのだが本日、思い出した。
「ガキデカ」である。中国へ行った様子をテレビニュースでみたが、なにやらメモをとっていた。どこかのぶら下がり記者かと思いましたよ。首相と会談しているときにメモをとるなんてはじめてみました。政界を引退したら創価学会員のタレントとテレビにでれば、結構いい視聴率とるんじゃねえか?
老婆心ながら「冬柴」という名前は変えた方がいい。冬に芝は枯れてしまうし、柴は燃やされて灰になるのだ。
a0016650_4452936.jpg

[PR]
by xsightx | 2005-05-26 04:47

蟹食ってホイホイ

平沢は、警察官僚時代はパチンコのプリペイドカード導入に奔走し、朝鮮人集団に大量の偽造カードを作られて大失敗したとても優秀なお方です。拉致問題に関しても、近づいてユスリタカリ、最後はカニ食ってポンというすばらしい業績をあげられました。いまや岡田の脱税を見逃す代わりに警察利権となったパチンコメーカーアルゼとは、非常に仲がよく、安定した生活を提供される基礎ともなっていたりします。亀井と並び、インチキ警察官僚もとい、すばらしい官僚の鏡のようなお方です。a0016650_241921.jpg
 西村氏に関しては、知ってて話さないということはたくさんあるでしょうが、”カニ食った平沢”と比べてはかわいそうだと思います。(nikaidou.com)
-----------------------------------------------------------------------------------------
蟹を食い過ぎて永田町をまっすぐに歩けずに横向きに歩いているらしい。
時々、歩いていてパチンコの玉の上に乗ってしまい転がっているらしい。(細木)
[PR]
by xsightx | 2005-05-17 02:41

誰かに似ている

a0016650_191838.jpg
小泉総理の間延びした顔を見るたびに、「どこかで見たような顔だな」と思っていたのだが本日、判明した。「ウマズラハギ」である。
---------------------------------

情報の真偽は各自が判断せよ。


【7/24(日)8:00】

<WEBさんより>

二階堂様いつも拝見しております私、煙之介と申します。昨日、私の“憂国友達”からメールが届きました。たまたまネット内で入手した告白文書だそうで自民党の政治家連中がむらがる「賠償利権」の実態と売国奴ぶりに驚愕したしました。フィクションにしても余りにリアルで読んでいて怒りさえ感じます。内容的には二階堂様はもう既にご存知の内容かもしれませんが一応確認の為にもお目をお通しくだされば幸いです。以下送信内容そのままお送りします。

『 私は実は現役の官僚である。(どこに属するとは言えないが)政治家の姿を まじかで見て、この国の政治はここまで腐り果てているのかと、絶望と同時に ハラワタが煮えくり返った。 どう考えてもおかしいだろう?数百人を拉致された被害者の日本が 北朝鮮に出向いていって、連中に対して「過去の謝罪」を約束したんだぜ?それが日朝ピョンヤン宣言だ。 しかもそれは自民党森派が自分の派閥の新たな資金源にするために描いたシナリオだ。 こういった与党の大物政治家と外務省、そして政府広報を取り仕切る電通、経済界の 四者がグルになって、 今韓国ブームを煽っている。それはなぜか?

実は南北統一後の「経済協力利権」を見越しているんだ。
南北が統一すると(たとえそれが連合という形であれ)、韓国が莫大な社会的負債を抱えて大変だろう。しかし、日本人が韓国が大嫌いだったら、そんな韓国を助けようと思わない。だが、仮に日本人が韓国が好きだったら、「韓国を助けよう、経済協力をしてやろう」と いう世論を喚起しやすいだろう。 そうして、統一朝鮮に対して無償・有償の経済協力資金が投じることができる。

それが、商社・ゼネコンに振り分ける自民党森派の金脈となる。 だから、日本国民が「韓国好き」になるように、必死で与党大物政治家と電通が韓流ブームとして煽っていたわけだ。

カラクリはこうだ。 外務省のODAや旧大蔵省管轄下の特殊法人・国際協力銀行を通じて、 2兆円とも3兆円とも言われる無償資金あるいは低金利の有償資金が 日本人の税金を原資として北朝鮮の経済建設に投じられる。 それを「受注」するのが、実は日本の商社であり大手ゼネコンなんだ。
これは俗に「ODA利権」と呼ばれるし、65年の日韓条約締結の時などは 「賠償利権」ともいう。 これを仕切る、あるいは仕切りたいと思っているのが 小泉の属する森派会長の森喜朗だ。前首相の森は、自分の派閥の金脈にするために 祖国に対して北朝鮮に「過去の清算」をさせ、日本国民の税金を投じようとしている。 』

→たぶん他では出ていない話を投げます。

 日朝共同宣言のとき、「空白の十分間」というのがありました。あの時なにをいわれたかというと、「小泉君、お父さんも同胞だったよね」ということなのです。
 かつての小泉の嫁(今は離婚)、エスエス製薬(サトウ製薬関係会社)の娘は朝鮮系でした。結婚時は何も考えてなかったのか、後で気がついたのか、小泉がSMひどすぎるからか何かは知りませんが、これまた朝鮮人である飯島勲としては、あわてて離婚させました。なぜかといえば、小泉も朝鮮だから。夫婦そろって朝鮮というのはまずい、という政治的判断でしょう。ここら辺、飯島が優秀といわれるゆえんです。レイプ疑惑、精神病院通院疑惑のある自分の親方をどう操るか、ずっと考えていたのでしょう。
 ところで小泉のジイサン、これは北朝鮮の帰国事業をやっていたわけですが、元々は鹿児島にいた。このジイサンの娘のところに婿に入ったのが「鮫島恂也」なる人間。つまり小泉の父です。鮫島姓というのは鹿児島では名門として名高いわけですが、名門の出のくせに周りの人間が誰も知らない、さらによくよく考えてみれば、当時の朝鮮部落あたりから現れていつの間にか鮫島を名乗っていたのですから、怪しいことこの上ありません。
 もちろんこんなことは今の小泉とその周辺たちは重々承知の話であると思います。現政権に対してこれほどの爆弾を投げつけて大丈夫かな?とも思いますが、本サイトの誰かが殺されたり放火されたり逮捕されたりすれば、世論は「やはりホントなんだ」と思われるだけなのであきらめましょう。
 ちなみに「鮫島”恂”也」という字は朝鮮にてよく使われるといいます。実は小泉”純”一郎も、元々は字が違ったりしたら面白いのですがね。(nikaidou.com)
[PR]
by xsightx | 2005-05-05 19:05

石原、沈没

a0016650_18533181.gif

もうこの人の神通力は賞味期限の切れた食品だ。
一応、民族派を自称しているがアメリカから睨まれたら終わりだから後は
石原一族の繁栄を壊さぬよう適当にお茶を濁して終わりだろう。大衆が真の日本の独立に目覚めさせないための緩衝材みたいなものである。
三島由紀夫という言葉をこの人から聞きたくない。
政治家を辞めて政治結社を泥まみれになってやる、と言うなら信用してもいいが。
所詮、自分の手は汚したくない、というタイプの人間だろう。女房が小泉総理の遠縁らしいが、ことあるたびに「倒閣するぞ」なんてガキのほざきみたいなことを言ってるが、これも単なる線香花火の最後の輝きみたいなものです。
「NOといえない日本」なんて副島隆彦氏の盗作じゃねえか。
-------------------------------------------------------------------------
都知事の「懐刀」窮地…浜渦副知事、進退問題も

 東京都の石原慎太郎知事の「懐刀」といわれる浜渦武生・副知事が窮地に立たされている。
 国会議員時代からの秘書で知事が最も信頼を寄せる腹心だが、都議会百条委の偽証問題で、議会側は6月に刑事告発するとともに、辞職勧告決議も行う構えだ。
 ここまで同副知事が追い詰められた背景には、知事の威光を背に絶大な権力を振るう「側近政治」への強い反発があり、最終的には同副知事の進退問題に発展する可能性も高い。
 都庁第1本庁舎6階にある浜渦副知事の執務室。都の局長、部長ら幹部が「お手紙」を手に日参する。
 お手紙とは、各部局が今後進めようとしている施策の要点をA4判用紙にまとめたもの。副知事本人ではなく秘書がお手紙を受け取り、返事も秘書から届く。「○」とあれば了解。「×」だと練り直しだ。
 他に副知事は3人いるが、「まず浜渦さんの了解を取るのが暗黙のルール。後で『おれは聞いてないぞ』と大目玉を食らうから」と都幹部は語る。
 「人事権」も強大だ。筆頭格の財務局長が浜渦副知事と意見対立の末、格下の局長に転じるという異例の人事もあった。幹部をしっ責する際には「わび状」を取るのが常といい、ある局長は「『副知事様、申し訳ありません』で始めて数十枚書いた」と明かす。
 浜渦副知事への権勢集中は、本人だけを責められないという声も庁内にはある。小説の執筆などに忙しい石原知事の登庁は週2、3日程度で、ある幹部は「知事の名代を務めているのは知事本人の意向」と弁護する。また知事の掲げる「官僚主導打破」のため、こわもてで都庁職員と対決し、反発を一身に受けてきたという面もある。
 突然噴き出した「浜渦バッシング」の背景には、7月投票の都議選を前にした、自民・公明対民主のさや当てという構図も見え隠れする。
 浜渦副知事の疑惑は、3月の都議会予算委で、都側が練馬区に建設した福祉専門校について、民主側に依頼して「ヤラセ質問」をさせ、学校法人の認可が「不法」であるかのような答弁を自ら行ったというもの。
 自公が主導権を握った百条委では、民主幹部を証人喚問。これを拒否した幹部を告発する動きもある。自民幹部は「都政で何が起きているか都民に知ってもらうためで、選挙目的ではない」と強調するが、民主幹部は「党利党略だ」と反発している。
 こうした政治的思惑とは別に、知事は13日、「遅まきながらバリアが出来ていたことを感知した」と、側近政治の弊害を認めた。知事周辺では、長年にわたって知事を支えてきた浜渦副知事の進退を含め、収拾策を検討しているという。
(2005年5月26日3時5分 読売新聞)
--------------------------------------------------------------------------------------
片手間で知事をやっているのか、片手間で小説家をやっているのか、どちらにせよ、都民、読者をなめているのは確かだ。呆けてきたのと違うのか。息子の佐藤B作じゃ心許ない。
石原軍団や裕次郎の威光を傘に動き回っているようじゃ、国民的政治家にななれないよ。
これじゃ2世、3世のぼんくら、と変わらないじゃねーか。
-----------------------------------------------------------------------------
石原慎太郎議員の辞職は政治に愛想を尽かしたためだとか、それでも永年勤続の勲章はちゃっかりもらっており、言行一致もここまでくれば鉄面皮で、当人がいくら格好をつけても
別の視線もあるのだ。ロス情報ではこの辞職にオウム真理教が絡んでいて秘書がかなり密接な交渉を持っていたので、それを警戒した予備逃亡だったという。石原議員のコネは新興宗教なら相手を選ばずハイエナのようにどこにでも接近するが、「外聞は隠すが何も恥じない点が違うだけで恥も外聞もない山口敏夫の兄貴分だけはある。」と妙なほめ方を元自民党の長老がしたが、山口議員はビバリーヒルに豪邸を構えていた。(藤原肇 著)
[PR]
by xsightx | 2005-05-05 19:01

北側大臣

a0016650_1849457.jpg北側 一雄
生年月日 昭和28年3月2日(51歳)
出身地 大阪府
衆議院議員 大阪16区選出(堺市北東部、当選5回)
弁護士 税理士

略歴
昭和50年 3月 創価大学法学部卒業
昭和56年 4月 弁護士登録
平成 2年 2月 第39回総選挙にて初当選(旧大阪5区)

12月
衆議院決算委員会理事
平成 5年 2月 衆議院安全保障委員会理事※平成5年6月まで
7月 第40回総選挙にて2期目当選(旧大阪5区)
8月 細川内閣 大蔵政務次官※平成6年4月まで
平成 6年 5月 衆議院大蔵委員会理事※平成10年1月まで
平成 8年10月 第41回総選挙にて3期目当選(大阪第16区)
平成10年 1月 衆議院予算委員会理事※平成11年1月まで
平成11年 1月 衆議院科学技術委員長※平成12年1月まで
平成12年 1月 衆議院国家基本政策委員会理事※平成16年9月まで
6月 税理士登録
6月 第42回総選挙にて4期目当選(大阪第16区)
6月 公明党政策審議会長(同11月 政務調査会長と名称変更)※平成16年9月まで
平成15年11月 第43回総選挙にて5期目当選(大阪16区)
平成16年 9月 国土交通大臣就任

プロフィール
創価大学第1期生として卒業後、司法試験に合格、昭和56年に弁護士登録。平成2年衆議院議員に初当選。以来5期連続当選。細川内閣では大蔵政務次官に就任(平成5年8月~平成6年4月)。
衆院科学技術委員長、予算委員会理事、大蔵委員会理事、安全保障委員会理事などを歴任。
2000年6月に政策審議会長(2000年11月から政務調査会長)に就任。与党の政策責任者として「生活者の視点から、改革をリード」をモットーに児童手当や奨学金の拡充などを次々実現。
デフレ不況克服にむけた経済対策や雇用・中小企業支援のための予算編成・税制改正に尽力してきた。
交通や住宅のバリアフリー化を推進したほか、内閣に都市再生本部を設置するよう小泉総理に提案し、平成14年には「都市再生特別措置法」の制定を推進した。また、特殊法人改革や年金制度改革などでは、国民の視点にたって改革をリード。更に「あっせん利得処罰法」の制定や議員特権の廃止など政治改革も断行してきた。
平成16年9月第2次小泉改造内閣の国土交通大臣として初入閣。

趣味・資格
囲碁初段 観劇

信条
「波浪は障害に遭うごとにその堅固の度を増す」

家族
妻、二男
--------------------------------------------------------------------------------------------
南側、西側、東側、なんて帰化した人の名前を改名して公明党に入党させてテレビに出まくったら公明党はもっと票を獲得できると思います。全方位外交を目指して外務省に鞍替えしたら世界のメディアに大受けすること「間違いなし」
[PR]
by xsightx | 2005-05-05 18:49



下部 健太
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31