お笑い政治寄席

<   2005年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

政界引退

a0016650_222488.jpg

思い返せば、竹刀を喉元に突き当てたり、「米国債を売りたい衝動に駆られる」とアメリカの逆鱗に触れるパフォーマンスをやって、刺客を放たれ、それをマスコミはいくらで請け負ったのかしらないが、失脚させた。きわめて、まっとうなことを言う政治家は金で買われたマスコミに葬られることになる。何が不偏不党の原則だ。アメリカのロックフェラーに偏っているばかりではないか。
いくら商売とはいえ、国益という物を考えろ。スーパーから漂白剤で洗ったような大根やネギがうられたり、女子アナなどというのが出て来てから日本はおかしくなった。国策捜査をする検察を監視するもう一段上の国家防衛検察を作る必要がある。
倅が当選したようだがこれもまたアメリカナイズされてしまっている。
親父がどうしておとしめられたか、よく説教して愛国派として成長されることを望む。無理か?
[PR]
by xsightx | 2005-08-12 22:12

外来種は外資を好む

a0016650_8232068.jpg

島村農林大臣の辞表を受理せずに罷免した。同じ日本人同士なら、こんな事はしないはずだ。
それも同じ自民党議員なのに。郵政民営化反対議員の選挙区に対立候補を立てるなど、やりたい放題である。金さんなら殺すだろうけどね。ネット上には以下のような記事があった。
陰謀論は嫌いだが、ここまでやると、あながち全部嘘ではないようだ。


【7/24(日)8:00】

<WEBさんより>

二階堂様いつも拝見しております私、煙之介と申します。昨日、私の“憂国友達”からメールが届きました。たまたまネット内で入手した告白文書だそうで自民党の政治家連中がむらがる「賠償利権」の実態と売国奴ぶりに驚愕したしました。フィクションにしても余りにリアルで読んでいて怒りさえ感じます。内容的には二階堂様はもう既にご存知の内容かもしれませんが一応確認の為にもお目をお通しくだされば幸いです。以下送信内容そのままお送りします。

『 私は実は現役の官僚である。(どこに属するとは言えないが)政治家の姿を まじかで見て、この国の政治はここまで腐り果てているのかと、絶望と同時に ハラワタが煮えくり返った。 どう考えてもおかしいだろう?数百人を拉致された被害者の日本が 北朝鮮に出向いていって、連中に対して「過去の謝罪」を約束したんだぜ?それが日朝ピョンヤン宣言だ。 しかもそれは自民党森派が自分の派閥の新たな資金源にするために描いたシナリオだ。 こういった与党の大物政治家と外務省、そして政府広報を取り仕切る電通、経済界の 四者がグルになって、 今韓国ブームを煽っている。それはなぜか?

実は南北統一後の「経済協力利権」を見越しているんだ。
南北が統一すると(たとえそれが連合という形であれ)、韓国が莫大な社会的負債を抱えて大変だろう。しかし、日本人が韓国が大嫌いだったら、そんな韓国を助けようと思わない。だが、仮に日本人が韓国が好きだったら、「韓国を助けよう、経済協力をしてやろう」と いう世論を喚起しやすいだろう。 そうして、統一朝鮮に対して無償・有償の経済協力資金が投じることができる。

それが、商社・ゼネコンに振り分ける自民党森派の金脈となる。 だから、日本国民が「韓国好き」になるように、必死で与党大物政治家と電通が韓流ブームとして煽っていたわけだ。

カラクリはこうだ。 外務省のODAや旧大蔵省管轄下の特殊法人・国際協力銀行を通じて、 2兆円とも3兆円とも言われる無償資金あるいは低金利の有償資金が 日本人の税金を原資として北朝鮮の経済建設に投じられる。 それを「受注」するのが、実は日本の商社であり大手ゼネコンなんだ。
これは俗に「ODA利権」と呼ばれるし、65年の日韓条約締結の時などは 「賠償利権」ともいう。 これを仕切る、あるいは仕切りたいと思っているのが 小泉の属する森派会長の森喜朗だ。前首相の森は、自分の派閥の金脈にするために 祖国に対して北朝鮮に「過去の清算」をさせ、日本国民の税金を投じようとしている。 』

→たぶん他では出ていない話を投げます。

 日朝共同宣言のとき、「空白の十分間」というのがありました。あの時なにをいわれたかというと、「小泉君、お父さんも同胞だったよね」ということなのです。

 かつての小泉の嫁(今は離婚)、エスエス製薬(サトウ製薬関係会社)の娘は朝鮮系でした。結婚時は何も考えてなかったのか、後で気がついたのか、小泉がSMひどすぎるからか何かは知りませんが、これまた朝鮮人である飯島勲としては、あわてて離婚させました。なぜかといえば、小泉も朝鮮だから。夫婦そろって朝鮮というのはまずい、という政治的判断でしょう。ここら辺、飯島が優秀といわれるゆえんです。レイプ疑惑、精神病院通院疑惑のある自分の親方をどう操るか、ずっと考えていたのでしょう。

 ところで小泉のジイサン、これは北朝鮮の帰国事業をやっていたわけですが、元々は鹿児島にいた。このジイサンの娘のところに婿に入ったのが「鮫島恂也」なる人間。つまり小泉の父です。鮫島姓というのは鹿児島では名門として名高いわけですが、名門の出のくせに周りの人間が誰も知らない、さらによくよく考えてみれば、当時の朝鮮部落あたりから現れていつの間にか鮫島を名乗っていたのですから、怪しいことこの上ありません。

 もちろんこんなことは今の小泉とその周辺たちは重々承知の話であると思います。現政権に対してこれほどの爆弾を投げつけて大丈夫かな?とも思いますが、本サイトの誰かが殺されたり放火されたり逮捕されたりすれば、世論は「やはりホントなんだ」と思われるだけなのであきらめましょう。

 ちなみに「鮫島”恂”也」という字は朝鮮にてよく使われるといいます。実は小泉”純”一郎も、元々は字が違ったりしたら面白いのですがね。
----------------------------------------------------------------------------------------------
ヤクザとキモオタとレオ


【8/24(水)18:30】

<長老さんより>

二階堂様 いつも拝読しております。地元の古老に以下の話を聞きましたのでご報告いたします。下記はあのロリオタデブが衆院選に出馬?のテレビニュースから古老がなんとはなしに語ったことです。

・成りすまし秘書が人選、出馬要請したとのことですが、デブを裏で操る取締役(携帯で捏造お騒がせ氏)と秘書が前々から相談の上、今回の絵図を描いた。
・これを機に神奈川、特に三浦半島の朝鮮系の成りすまし人間関係も見え隠れしだす。
(N Y市市長同様、M K県知事も成りすまし。)
・現況としてウラ勢力のオモテ社会への進出という今は亡き2代目の宿願達成に稲穂もがぜん、湧いている。
・半島の付け根の六浦はライオンの爺さんと携帯取締役の出身地。
(小学校の傍に爺さんの顕彰碑が建っています)
・なぜか、爺さんの出自をライオンの身内はとても隠したがっていて、古老が市会を取り仕切っていた当時(20年位前)に道路拡張にことつけて内々で顕彰碑を廃止したいとの申し出がライオン一族からあったが、一転して結果、取りやめになった。
ライオン一族は横須賀でも鹿児島でもなく、横浜市金沢区六浦周辺が本来のルーツ。
・六浦中学校前の朝鮮○落に取締役も秘書もライオンの弟も以前、出入りしていた。
・ライオンも取締役もヤクザの身内。
・六浦にはライオンの息子たちが通ったラグビーの強い怪しい金満私学がある。
・ライオンの性癖とされるSMプレイ。かつては川崎堀之内のソープランド彩香?で楽しんでいたそうです。この店は広告を打たない不思議な店で素人然とした女性が揃っているそうで女性には因果を含めて秘密厳守で遊べる店とのことです。
ライオンはSMクラブではなくソープランドでSっぷりを遺憾なく発揮していたとのことです。

なにせ雑談レベルでどこまで信憑性のある話かはわかりません。しかし、様々な噂と符合する点も多いのでご一報いたします。最後にライオンはどこまで国政レベルでいい加減なことをやるのかと件の古老は憤慨しておりました。

→一瞬、本サイトの「悪徳役人斬捨御免」で紹介すべき記事かと思いましたが、あくまでも「ライオン」なので、ここで紹介しました(笑)。やはりお年寄りは何でも知っていますね。ただ、発信の仕方をあまりご存じないために、貴重な情報が胸のうちにしまわれたままになっています。日本を良くするために、是非情報提供を。左の「お問い合わせ」とのところには、情報提供FAXの番号もございます。
【投稿情報/nikaidou.com】
[PR]
by xsightx | 2005-08-11 08:32

亀井派の永岡洋治代議士、自宅で首つり自殺

a0016650_1947244.jpg


 1日午前10時5分ごろ、自民党の永岡洋治衆院議員(54)(茨城7区、当選2回)が、東京都世田谷区上祖師谷2の自宅で首をつっているのを、妻の桂子さん(51)が発見、娘が119番通報した。
 東京消防庁の救急隊が同議員を三鷹市の杏林大医学部付属病院に運んだが、午後0時16分、死亡が確認された。警視庁成城署は、永岡議員は自殺を図ったとみて、関係者から事情を聞いている。
 調べによると、永岡議員が自殺していたのは、同議員が東京に構えている2階建て住宅。同署で、発見時の詳しい状況を調べるとともに、遺書の有無などについて確認を急いでいる。
 永岡議員の事務所によると、永岡議員は先月末に選挙区の茨城県古河市に帰り、30日に地元の夏祭りにも顔を出していたという。家族によると、31日に上京していた。同事務所は「家族からの連絡待ち。今のところ詳細は分からない」と話している。
 永岡議員は茨城県古河市出身。東大法学部を卒業後の1975年4月、農林水産省に入省し、牛乳乳製品課長などを歴任、95年に退官した。96年10月と2000年6月の衆院選に出馬したが、いずれも落選。中村喜四郎元建設相の失職に伴う2003年4月の衆院統一補選で初当選し、現在2期目だった。
 亀井派に所属しており、郵政民営化法案を巡っては、党総務会では反対したものの、先月5日に衆院で5票差で可決された際は賛成に回り、「党議拘束がかかったことは重い。法案修正され、賛成しやすくなった」と語っていた。
(2005年8月1日13時44分 読売新聞)
----------------------------------------------------------------------------
このサイトに登場させるのは、どうかと思ったが、政治関係者なので載せておく。
東大を出てハーバード大学院を出ている。郵政民営化賛成、反対の間で揺れ動いていたのか?官僚出身の政治家というのはどこか弱いところがある。ハーバードで洗練されすぎたのか?日本の土着政治環境の中で苦しんでいたのかもしれない。ご冥福を祈ります。
[PR]
by xsightx | 2005-08-01 19:47



下部 健太
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31