お笑い政治寄席

「秘録 陸軍中野学校」


 そのころの吉田邸は、女中頭の大谷ひさきが、たった一人だけ残っていた女中の早苗と、書生の志賀幹男を指揮して、家事いっさいを取り仕切っていた。大谷は吉田茂の次女の嫁入り先、麻生大賀吉(麻生鉱業社長)邸に、先代から勤めていた老女中だが、昭和十六年十月、雪子夫人が病死したので、麻生家から吉田邸に派遣されたのである。
 これについて、昭和十六年九月から十八年十月まで吉田家の書生をしていた志賀幹男(後述) は、
  大谷さんが、麻生家に入った最初は、乳母としてだった。雪子夫人が死んでから吉田家に廻されたのも、和子さんとしては、吉田さんの後妻にというつもりもあったようだ。小りんさん(後述)と、吉田さんの仲は、雪子夫人が健在の頃からだが、吉田さんはあの通りのワンマンだから、本邸に小りんさんを招いたこともあるらしい。
そんなこんなで、和子さんは、小りんさんにもいい感情をもっていなかった。大谷さんは、後に麹町の永田町の本邸が戦災した時も、焼けた自動車の中に寝泊まりして本邸の焼跡を守っていたという、責任感の強い、立派な人だったから、身分の上下などはとも角、和子さんとしてはその人物に惚れこみ、また一つには小りんさんへの反感もあって、できるならば後妻にと望んだものではないだろうか。吉田さんからも直接、大谷さんに、そんな話があったようにきいている。しかし、大谷さんは、私にも『旦那様のような性格は好きになれない』と、はっきり言っていたから、そんな性格上の相違から結びつきはなかったが、大谷さんは吉田家をしりぞいてぞいて後・再び麻生家に帰って、たしか今でも麻生さんの第妹第の堀江さんの処にいる筈だ(志賀幹男氏談)
と語っていた。そんな、主婦がわりの大谷ひさきであったから・吉田邸にはいり込んだマキは、まずこの大谷に取り入らなければならなかった。当時・どこの家庭でも困っていたのが食事である。幸い石井マキの実家は、中郡でも、かなり裕福な農家だったから、米や麦、芋などを割り当てだけ供出してもまだ多少の余裕があった。たまたま実家へいったマキが米をさげて帰ると、だれよりも喜んだのが、日々の食糧に心を痛めていた大谷である。
ね、マキ、おまえの家はお百姓なんだろう。じゃあ、お味噂や、哲油もあるわけ
ね」「ええ、家で食べる分ぐらいはつくっています」
「なら、こんどは、それも少々わけてもらってきておくれな。いいえ、お金なら出すわよ。ね、ダンナさまは、身分のおありのかただから、ヤミはできないの。だから、そっとおまえの実家のほうで、買うことにしてほしいのよ」
 マキは、こうして大谷に取り入ったばかりか、たちまち、戦時下の吉田家にとって、欠くべからざる存在となったのである。しかし、いかに農家でも、無尽蔵に食糧があるわけではない。そこで 『ヤマ』 では米、味噌、醤油、塩などの生活必需品を、ひそかに手を回してヤミ値で買いあさり、マキの実家へはこんだ。マキはそれを、買い値よりもぐんと安い、ほとんど公定価すれすれの値段で持ち込んだから、彼女は吉田家の人々にますます重宝がられ、信用もされたのである。マキはこの物資運搬のたびに、邸内の状況や来訪者の氏名など、機関への報告を怠らなかった。

 そのころ、戦局の悪化にともなって、機関ではさらに、ヨハンセン(吉田)工作の前進を考えたのである。マキのほかに、書生をも吉田邸へ送り込もうとしたのだ。そのためには、前からいる書生の志賀幹男を追い出さなければならない。
 志賀は福島県平市の出身で、麻布の大倉高商の夜学に通っていた。年齢はすで二十四歳で、高商生にしては歳をとりすぎていたから・そこに疑いをもった機関では、まず身元の洗いだしにかかった。通学状況や、成績はもちろん。ヤマ所属の憲兵曹長が出身地へとんで、家庭の表情までこまかに調べあげたのである。そこに彼を追放する口実がひそんでいるのではないかと思ったのだが、残念ながら、家庭が貧しいため進学が遅れただけで、難くせをつける余地はなかった。
曹長の報告をもとに、ヤマでは志賀の放逐会議が開かれたが、軍としては、他に手段がなかったわけではない。一番簡単なのは、召集令状を出して軍隊にひっぱってしまうか、徴用工として軍需工場へ入れてしまうことだ。しかし、それでは、あまりにも手段をえらばぬということになってまずい。と、予備士官で中野学校出の白幡中尉が反対した。召集も徴用もだめとなると、後はざん言をもって失脚させるか、甘言で誘致するかの、二つより道がない。だが、ざん言の方は、志賀が大谷に信用されている。石井マキがいかに手段を弄しても、大谷にかばわれては、新参者のアキには太刀うちができないから、これまた望みなしとなって、最後に残ったのが甘言誘致だ。当時、吉田茂は官職をはなれて浪人暮しで、不動産はあったが現金はない。毎月麻生家から届くものだけで生活していたので、書生の給料もほとんど小遣い程度。調べなく
とも、志賀がいつでも、ふところ寂しく暮していることはわかっていたから、金銭的な利益と、国家的な使命をもって誘えば落ちるだろうということになって、ヤマでは一策をあみだしたのである (伊藤康信氏談)
 この会議があって数日後、吉田邸の志賀幹男宛に、一通の封書が配達された。中には、タイプ印刷の、
『前略
 国家多端の折、弊社としてはいよいよ生産拡充の必要に迫られ、かねて、広く各学校に人材のすいせんを依頼しておりましたところ、今回、貴母校から、貴殿をすいせんいただきました。待遇その他の条件につきましては、弊社において可能な限り優遇の予定でありますので、某月某日、まげて御来社いただきたく、右御案内申上げます。

                     東京日本橋小伝馬町
                          寿栄産業株式会社』
という書面がはいっていたのである。もちろん、これは『ヤマ』が、寿栄産業の経営者をくどさ落としての工作だったが、それとは知るよしもない志賀は、書面に示された日時に、日本橋の寿栄産業を訪れた。
口裏をひきながら 『国家非常時の今どき、安閑と書生でもあるまい。」と、適度に彼の愛国心を煽りながら、待遇は准社員、月給はほとんど彼の望みどうりに支給する。
ただし『寄宿舎にはいる』 という条件で、彼に就職を承諾させたのである。志賀は、その翌日から、勤めた。
 こうして、計画はみごと成功したかに思えたが、なんと、志賀が満足に寿栄産業の寄宿舎へ寝泊まりしたのはたった四晩。五日目の夜には、寄宿舎を抜け出して、永田町の吉田邸に帰って寝ていた。そして、翌朝になると、
学徒動員で、とうとう日本橋の会社にひっぱられることになった。まったく、いやになってしまう
 と、大谷にいっては、寿栄産業に通勤するのである。志賀を信用している大谷は、吉田茂から、
近ごろ、書生の姿がみえんようだが・-‥
 と聞かれても、
学校から勤労奉仕にいってます
と答える。昭和十八、九年の当時としては、当然のことだから、吉田も不審を抱くようすもない。志賀は、たまに寿栄産業の寄宿舎へ泊まるぐらいで、ほとんど永田町に寝泊まりしていたから、追いだし工作もみごと失敗に終わったのである。こんな始末だから、ヤマとしては、もはや善悪を言ってはいられない。伝家の宝刀を抜くことになって、志賀に召集令状が出された。
吉田さんは、私に召集令状が来ると『負けるのがわかっていて、君も大変だな』と言った。入営したのは仙台の東部二十九部隊ですが、私は大倉高商の学生です。当時はまだ、学徒動員にはなっていなかつたし(変だな)とは思っていましたが、スパイをいれるための工作だったとは、今はじめて知りました
と、志賀幹男氏は筆者に語ったが、こうして、ヤマの工作は、みごと成功するかに思えた。が、どっこい、思わぬ伏兵が待っていた。というのは、その頃、吉田茂の実弟が目黒に住んでいたのである。この実弟の竹内家に、福島県相馬生まれの管野きよという女中がいたが、志賀の応召をきくと、書生さんなしでは、永田町のお宅もお困りでしょうから
 と、志賀の後釜に自分の弟を世話したのである。ヤマでは、思いがけない結果に苦笑した。『ついでに、この管野も召集してしまえ』と、強硬論をはくものもあったが
「すぐでは、吉田に気づかれて、もとも子もなくしてしまう不安があるから、まあ、もう少し時期をまとう。」という慎重説が勝ちを占め、菅野の招集は延期されたのである。
(菅野は、その後約1年、吉田邸に勤めていて、結局は招集された。茂の実弟の竹内氏は、女中管野きよの実家に疎開したが、戦後その家で病死している)
[PR]
by xsightx | 2006-03-27 10:05
<< 42円で購入 ハリマオ >>



下部 健太
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31